スキンケアの空いた時間

時間を開けることがポイント

どんなに効果的なお肌のケアを使ったとしても、それが必ず使えばばっちりとした効き目があるとは思えない。やはり、商品とともに、どんな使い方をするのかを考えてから使わないと、大きなミス、あるいは、せっかくの商品、化粧品をうまく利用できないことになってしまいますね。

 

朝の忙しい時間帯は、ゆっくりドレッサーに向かって、メイクをしている余裕が無いこともわかります。たしかに、余裕時間帯がアレば、それなりにキレイにケアできると思います。でも、バタバタとした時間では、洗顔の後、化粧水や乳液でお手入れした後、10分間は、保湿成分が肌に浸透してくれるのをじっとまつことになっちゃいますね。

 

化粧水や乳液の成分がしっかり浸透すれば、表面お滑らかになり、決めも整うので、ファンデーションの伸びやフィット感がぐんと良くなると思う。

 

逆に、化粧水や美容液をつけた後、急いでファンデーションを塗ると、よれやすくなる。

 

やはり、一旦ドレッサーを離れて洋服に着替えて、時間を置き、その後に化粧水や乳液などの成分をうまく使い分けるのが大事かもしれませんね。このちょっとした放置する時間が、後野とプラスになると思う。たわいのないことですが、こういったのがきっとプラスになるはずです。